サツマイモを甘くして食べる方法

サツマイモといえば焼き芋にして食べるとおいしいです。
街中などで石焼きイモとして売られていますが、これは焼いた石の中にサツマイモを入れて、遠赤外線の熱を利用してじっくり焼き上げています。
表面は黒焦げになっていますが、中身は黒くなっていません。
二つに割ると真っ黄色でいかにも甘そうなのが分かります。
自宅でサツマイモを加熱して食べる方法として、簡単なのは電子レンジを使う方法です。
ラップなどでくるんで一定時間加熱すると一応火が通って食べられるようになります。
しかし甘味はいまいちです。
石焼きイモのように真っ黄色でもありません。
電子レンジの加熱は遠赤外線による加熱ではないからです。
自宅で石焼き芋を再現する方法として、アルミホイルにくるんでガスレンジなどであぶる方法があります。
ホイルでくるむと表面が焼けず、中までじっくり加熱ができます。
最近は電子レンジで石焼いもが作れるアイテムが出てきています。
専用の容器に入れると、その容器が加熱されて徐々に芋を甘く焼き上げてくれます。

sub置換


PAGETOP