サツマイモのてんぷらをおいしく揚げる方法

御総菜屋さんに行くといろいろな種類の揚げ物を買うことができます。
コロッケやミンチカツなどもありますが、てんぷら類もあります。
その中でも人気があるのがサツマイモのてんぷらです。
サツマイモを輪切りにしてあげただけのてんぷらです。
外はサクサクの衣で、中は柔らかくてホクホクの身が食べられます。
お店でおいしく作れるなら自宅でも作ってみようと挑戦するかもしれません。
しかしなかなかうまく作れないこともあるでしょう。
サツマイモが甘くなるのは遠赤外線でじっくり加熱するからです。
自宅で作るときには高温で短時間で揚げてしまうため、なかなか甘味が出ません。
他の食材よりも温度を低めにして、じっくり揚げると良いようです。
裏技としては、事前にふかしておく方法があります。
そしてそれに衣をつけてさっと揚げます。
既に加熱されているので、揚げる時間はそれほど必要ありません。
他の食材と同じタイミングで揚げようとすると、上手くできないこともありますが、この方法なら他の食材とのタイミングを合わせられます。

sub置換


PAGETOP