からし菜をよく食べている人は少ない

アブラナ科に属するからし菜は、英語ではリーフマスタードと呼ばれています。
その名の通り辛味が利いているのが特徴的です。
からし菜類とタカナ類に分けられますが、漬物として楽しみたければ後者の方になります。
漬け込む際に湯通ししたりもんだりすると、辛味がより際立ちます。
これは、辛味成分であるシニグリンが活性化するからです。
からし菜はどのような効能があるのでしょうか。
ビタミンCやβ-カロテンを含んでいるので、がんや老化の予防に大いに役立ってくれます。
また、辛味成分のシニグリンは、胃液の分泌を促進するパワーを持っています。
食欲増進、消化を助けるなどの作用も期待できるのです。
ビタミンCは熱に弱いので、茹ですぎてしまうと台無しになってしまうので注意しましょう。
苦味も出るのでサッと茹でるだけにとどめておくことです。
からし菜をおいしく食べるなら、じゃこと和えるのがおすすめです。
簡単に作れるのでストレスも溜まりません。

sub置換


PAGETOP