かぼちゃを切るときにはどうすればよいか

冬至の時に食べると風邪をひかないとされるのがかぼちゃです。
冬至は昼の時間が最も短くなる日で12月末にあります。
日本の冬の中では一番寒い時期ではありませんが、寒さに慣れてきたころになります。
1月や2月の強い寒さの前にしっかり栄養分を蓄えるためにかぼちゃを食べるのが良いとされたのでしょう。
かぼちゃの売られ方は一個丸ごともあれば、半分のもの、4分の1のもの、スライスされたものなどがあります。
安い時に一個丸ごと買ったのはいいが、包丁で切ろうとしてもなかなか切れなくて困った経験があるかもしれません。
力のせい、包丁の姓にしがちですが、切り方が悪いとうまく切れません。
まず姿勢を正します。
切りたいものに対して若干右手側を後ろに引いた状態で構えます。
正面を向いて切るより力が入りやすくなります。
包丁を入れる時は、方法が最も切れる先の方から入れるようにします。
先が入ったら、後はそのまま下におろせば簡単に切れます。
丸ごと買えば、スライスタイプより手ごろに手に入ります。

sub置換


PAGETOP