ケールは青汁だけではありません

ケールと言えば、青汁の原料のイメージが強いです。
キャベツ類の祖先と言われていることはあまり知られていません。
ケールにはビタミンEとビタミンC、ベータカロテンがたっぷりと含まれています。
美容食材と言っても言い過ぎではないでしょう。
ビタミンCは熱に弱いのですが、青汁として飲めば効率よく摂取することができます。
しかし、青汁ばかりでは飽きてしまうかもしれません。
また、青汁だと独特の強い香りがしすぎると言う人もいます。
ケールは青汁として摂るしかないわけではないです。
海外ではロールキャベツ風の料理として使います。
お好み焼きのキャベツの代わりにケールの千切りを使うのもおすすめです。
より栄養価がアップしますし、独特の香りもあまり気にならなくなります。
子供でもなんなく食べることができるはずです。
ケールの選び方ですが、外葉の緑色が濃いものをチョイスしましょう。
もちろん、葉に斑点がないものを選ぶことが鉄則です。

sub置換


PAGETOP